秋冬に旬を迎える野菜は体をあたためる効果がある

野菜には様々な種類がありますが体を温める野菜と冷やす野菜の2種類に分けることができます。

 

基本的に夏に旬を迎える野菜は体を冷し、秋冬に旬を迎える野菜は体をあたためる効果があります。もうすぐ寒い冬がやってきますので体をあたためる野菜、特に根菜類について説明します。根菜類は基本土の中に埋まっている部分を食します。例をあげると大根、にんじん、ゴボウ、里芋など秋から冬にかけて旬を迎える野菜です。

 

体をあたためるのによい調理法はやはり加熱をして食べることです。例に挙げた野菜を詳しく説明していきます。まず大根ですが注意する点は生のまま食べると体を冷やしてしまうという点です。煮物や鍋など加熱して食べると体をあたためてくれる野菜となります。ビタミンCや酵素が豊富に含まれていて胃腸にとてもいいとされています。

 

次ににんじんです。にんじんは生でも加熱して食べても体をあたためてくれる野菜です。豊富なβ−カロテンががん予防や目の健康を助けてくれます。このβ−カロテンは油と一緒に摂ると吸収がとてもよくなるのでバター炒めでグラッセにしたりするのがおすすめです。またビタミンCとの組合せると白血球の働きがよくなるので果物などと食べるのもとても効果的です。意外な特徴としてペクチンを含んでいて下痢止めにも効果があります。次にゴボウですがゴボウといえば食物繊維です。便通を助けてくれる便秘の改善に頼もしい野菜です。

 

ゴボウはしっかりあく抜きをするイメージがありますがあまりやりすぎると大事な栄養やうまみを損なってしまいます。アミノ酸やグルタミン酸などの栄養素が抜け、水にさらしすぎることでカルシウムなどが溶け出してしまいます。ゴボウに含まれるリグニンという繊維は切り口に発生し整腸作用があります。

 

時間が立つと増えるという特徴があるので切り口がたくさんあるささがきにして調理するのがおすすめです。最後に里芋です。あの独特のぬめりはガラクタンというたんぱく質と糖分が結合したものでコレステロール値を下げる働きがあります。他にも消化を促す成分が多いので胃にやさしい野菜です。おなかの中でマンナンという成分が膨張するので満腹感も得られやすいです。芋ですが以外にもカロリーが低いのでダイエットの助けとなります。以上体をあたためる効果のある根菜の説明でした。野菜にはそれぞれ優れた効能がありそれを引き出す調理法や食べ合わせがあります。うまく利用して体を整え、寒い冬を元気に乗り切りたいものです。