成長ホルモンの分泌をうながすことで脂肪細胞を分解するダイエット

成長ホルモンはほとんどの細胞や組織の成長を促すものと考えられていました。

 

 

しかし、脂肪細胞はその例外であり成長ホルモンの分泌が体脂肪の分解を引き起こすということが、疑いのない事実として現在では広く受け入れられるようになっています。成長ホルモンを制する者はダイエットを制する、と言っても過言ではありません。厳しい食事制限やハードな有酸素運動を余り行うことなしにダイエット成功の栄冠を勝ち取ることができるのです。

 

 

そのために必要なことは、食事、睡眠、運動に成長ホルモンの分泌を促すという視点を取り入れることです。

 

 

食事 成長ホルモンの生成にはタンパク質が必須ですから、一日三食の中に必ず何かしらのタンパク質が含まれている食事をとるように心がけます。さらに、アルギニンは成長ホルモンの分泌を活性化しますから、アルギニンを多く含む食品であるゴマ、クルミ、大豆、鶏肉などを食べるようにすることが有効です。ビタミンやミネラルも成長ホルモンの材料になりますから、食事やサプリでの摂取を心がけると効果が高まります。

 

 

 

睡眠 睡眠中は成長ホルモンの分泌が活発に行われますので、寝不足は極力避けて睡眠の質を高める必要があります。睡眠の質を高めるには、睡眠導入物質のメラトニンを睡眠前に充分に分泌させておくことが有効ですから、メラトニンの分泌を調整している目に入る光の量をセーブするために、寝る時間の少なくとも30分前にはスマホやテレビを見るのは我慢したいものです。何故なら、睡眠の質を高めることは一番手軽でありながら成長ホルモンの分泌を促す効果が高いのです。

 

 

運動 いかなる運動も成長ホルモンの分泌を増加させますが、中でも筋トレのような無酸素運動は成長ホルモンの分泌を促す乳酸をより多く発生させ効果が高いですから、成長ホルモンダイエットにはをウォーキングよりも筋トレが必要なのです。腕立て伏せやスクワットをゆっくりとした動きで行うスロートレーニングは、高負荷のトレーニングよりも乳酸をより多く発生させますから、高負荷のトレーニングのつらい女性や高齢者にはオススメです。